上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
最近好きなのが、
カトリック司祭の晴佐久神父さまと、
納税額日本一の斎藤一人さん。


大川隆法さんは、確かに、すごいのですが・・・

「なにがいけないか」「どこでおかしくなったのか」
考え始めましたが、
それは他の方に任せることにしまして・・・
一言で言えば、
「やさしくない」「あたたかくない」。


信者とアンチの間にも、あらさがしをし合うような空気が流れていがみ合いは否定できないのですが、
そういうことをしているうちに幸せを見失ってしまう。



よく、カトリックの告解の場で、いろいろ人に言えないようなことを言うのですが、
心を向けるべきは、神の裁きではなくて、恵みと許しのほうなのです。

罪を自覚するのは、裁きではなくて、
神の愛ゆえに、自分が神を傷つけてしまったことを気がつくということ。

神は、何回過ちを犯しても、あなたの名を呼び求めて愛している存在であるということ。


私にも、「まともな人間なんて誰もいやしない。立派な風に振舞っているようで、実はエゴイストだ」と失望にかられることがあります。

でも、神の愛はそんなものはどうでもいいというほど大きなものであるということです。


幸福の科学の教えは、
「立派さ」や「非の打ちどころのなさ」を求めすぎで、息苦しいもの。


どの宗教が上とか、そういうことを言いたいのではないですが、
イエスの愛は、「神の似姿」として創られながら、「どんなに立派になろうとしても罪へ傾かざるを得ず、苦悩する人間ひとりひとり」に向けられている。

キリストという神さまの強烈な特色は、「あなたを罪に定めない」という宣言。

「いいのか?」と思うのですが、おそらく、「罪」とは、イエスのせっかく招かれた食卓に「俺にはそんな資格はない」と自分から背を向けることで、それはきっと「哀しさ」なんだろうと思う。

逆に、イエスが嫌ったのが、「律法学者」で、「立派に振舞おうとする人々」。
自分の罪を見ないふりをして、罪人を嫌い、遠ざけ、嫌悪し、排除しようとする人。


聖書に触れるたびに、何回も耳にタコができるほど聞いてきたイエスの「罪人を招く」発想に、驚く。
新たにさせられる。



本屋に並ぶ、KKの書籍はいつのまにかもっぱら心の教えが消えて、霊言ばかりが並ぶように。

興味をもって手に取って読んでみても、自分の「立派」を強調しすぎて、それ以外のものの「充分でない点」の指摘や、批判する者に対しては、容赦ないこき下ろし。

「人から立派に見られたい」とか、
そういう原理で彼らは動いているんじゃないかと思いますし、
反発を感じる人たちも、やはりその原理の中に取り込まれている。

彼らは、そういう弱さをついてくる。

人には、誰だって弱点や人間的な弱さはあるもの。


ありのままであることが恐怖なのかもしれない。

やっきになって批判をしだす人は、実は恐れている。


彼らこそ、実は「愛欠乏症」という名の病気で苦しんでいるのではないだろうか。

自分でも、何を守って戦っているのか分からなくなっているのではないか。
本当に大切にすべきものを見失ってしまっている。


きっと、大川さんやついていく信者もそれを自覚していない。


サルトルは、「地獄とは他人のことである」と述べたが、
彼らにとって、「地獄」とは、「幸福の科学という『閉じた世間・他人』からの軽蔑」。それ以外の何物でもない。


批判とか、相手を貶めて喜びたいわけではなくて、
昔は、憤りとかそういうものもあったけれども、
「彼らが、幸せでありますように。平安な心を取り戻せますように」と、願う。



唯一の武器は、
「神から無条件に愛されていることの自覚」。

心が、愛に満たされているなら、本当はもはや戦ったりする必要はない。

自分が戦うのではなくて、神さま、イエスさまに任せればいい。


教義とか、教団とかの争いで躍起になっている人たちはどこの世界にでも必ずいるのだけれども、
根底に、神の愛がなければ、語る言葉に神からの愛がなければ、それは神を自分のエゴのために利用しているにすぎないのではないか。

人の批判の奥には、自分が否定されることへの恐れがある。

根本的には、彼らも、やはり心から愛されていない、誰にも必要とされていないという意識があったりして、どこかで苦しんでいる。
それを、人に認められるとか、同じように批判する仲間を集めたりして、別の方法で見たそうとしているのではないだろうか。



恐れがあるということは、どこかで他人にコントロールされているということ。



他人の声とか、そういうものを取り払って、
裸の自分を、まるごと愛して、抱きしめて、いっぱい愛をそそぐことが必要なのだと思う。


スポンサーサイト
2013.08.27 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/91-089fc1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。