上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
全関西大会で三位に入賞したということで、トロフィーと賞状をいただきました。







といっても、負けたのですが。





「え~、なんだよ~(笑)」

と思った諸君は、おそらく「普通の人」で、「普通のツキ」の人です。





堂々と声を大にして言います。



人生で大切なのは、実力よりも、ツキである!

と。





試合前から、「入賞しましたありがとうございます」と何回も自分に言い聞かせていました。



自分の夢がすでに叶ったイメージを持つことで、その確率は格段に増えます。







むろん、勝っていても、入賞だったのですが、

負けて入賞したことにこそ、私は誇りを持ちたい。







相手はものすごく強い方で、「あそこでああしていたらよかったな」とか、そういうことも一瞬考えましたが、

やっぱり、完膚無きまでに叩きのめされましたし、

そのまま、圧倒的な強さで優勝まで上り詰めていきました。



パワーに技に、心からほれぼれするような素晴らしい選手でした。

戦えて本当に感謝しています



自分としても、ベストの動きで挑めたし、本当に戦いながら楽しめました

ので、「学ばせてもらいました、ありがとうございます」という気持ちで、これからも稽古をして、成長していきたいなと思っています。







「よっしゃ!優勝してやる」という気持ち満々だったので、

試合が終わって、今までのすべてが否定されたようで、しばらく(せいぜい20分程度)頭が真っ白になって何も考えられませんでしたが、

あることに気がついて、「あ!」と思い

「俺って本当にヤバい!ツイてる!」

と確信するに至りました。





ほとんど人に言ったことはないのですが、自分が戦う理由は、「神さまのため」なんです。







自分が戦うべきだった相手が次々と辞退したり、

トーナメント表の組み合わせの運のみによって、私は3位をいただきました。



もちろん、潔く、「私の実力ではないから」と受けとらない選択肢もありました。

「何か釈然としないものは残る」は、人間個人の見方。



それは、それで取っておいて、私にツキを下さった神さまを讃えるべきなのです。



「ありがとうございます!」と心の中で大声で叫んで、精進を誓えばよいのです。







神さまは、あなたの都合に関係なく、あなたに最高のいいものを与えたがっている。



それを受け取る受け取らないは、人間の自由です。







自分のありのままを肯定できない、愛せない人がたくさんいますけれども、

「自分は自分のこと好きになっていいのかしら?

私のことを周りの人はみんな批判するけれど・・・。」

というブレーキがかかっている。



関係ありません



いいんです





自分いじめは、あなたのすべてを愛してくださっている神さまを拒むことだよ。

それって、すごく悲しいこと。



勇気を出して、無条件に自分のすべてを許して、愛してみると、

すべてがうまくいくことが分かります。









100メートルを10秒で走る。



陸上の試合であれば、自分の力のみでなければいけませんが、

私たちの世界では、車を使おうが、エフワンカーを使おうが、飛行機を使おうが、全然反則ではないんですね



それでいいんですか?

って

いいんです。



人間の世界のことは、ゲームを楽しむために、人間同士でいろいろな束縛をつけている。



その小さな世界が世界のすべてになってないかい?







心の世界に行くことは、断じて現実逃避ではないんですね。



みなさんは、洞窟に映った影の世界のみで生きてそれを現実だとおもってあがいていますが、

洞窟出た陽のあたる世界こそが現実なんだよ、ということを言いたい。













何か言われると思うと説明しづらいし、「おかしい人」と思われそうなので、あまり人前で言うことはないのですが、

神さまはいるんです。



守護霊さんとかいますし、

指導霊と言っていいのか分かりませんが、いろんな仏さまとか、愛の神さまとか、無数にいて、

必要な時に、私にインスピレーションをどんどん与えてくれたりするんです。

魔法じゃなくて、「道理」とか「法」をくれるんです。





潜在意識というか、高次意識というか、

阿頼耶識とか、そこらへんから、無限の知恵のうちの私に必要な日ごとの糧がぱっと与えられるのです。





顕在意識のみで生きていると分かんないです(→o←)ゞ



人間が、「目」を閉じたまま、目を閉じた人同士、あれこれ考えて、綱引きをしながら、「どの経典や宗教がどうの」いるから分からないわけであって、

自分自身「目」を開けたら、ぱっとわかりますし、確認できます。



「宗教」というのは、単に根本的なものの、人間側の限定的な解釈でしかなくて、その違いにこだわるのは愚かなこと。

彼らは、本当に神さまの救いや赦しを心から信じることが出来ていないから、神さまを自分のために利用して、他人に対して不寛容な態度を取る。



光は、自分のうちに灯そう。

隠しているはずの光が、ほのかに自分から漏れて、

他人から「あ、あの人はなんか輝いてるな。どうしたんだろう。」と、魅力的に思われて、

「なんとしても、この人から秘訣を聞き出そう」と思わされ、聞かれても、得意げにならないこと。









大多数の人々は、目を閉じた生き方の方が正しいと思っていますし、そっちの方が安心するようなのですが、やっぱりそれは違います。







神さまって、「魔術」とか「不可解なもの」では決してなくて、

誰もが、理性と行いによって確認できる「法則」とか、「理法」。

原因があったら、結果がある。



自分の行った行為や言葉は、例外なく自分に戻ってきます。





至極シンプルなんです。



どうやって確認するかといったら、

実際にやってみながら、それを忍耐深く静寂の中で確認していくうちに、「あ、あ、分かる。やはり!」という確信に至ります。



そこで、大切なのは「我」を棄てること。

思考することは大切なんですけれども、「我を守るため」の恐れの混じった思考になっていませんか。



神にすべてをゆだねきること。

自然の流れにすべてを任せきること。



そうしたら、神さまが、自分に無限の力を注いでくれます。



いちばんいけないのが、「恐れ」なんです。

あらゆる恐れこそが、ぶつかり合うと、本当に「悪」をつくるんです。





人がどうこう言ったとかじゃなくて。

自分の行いと心によって、自分に返ってくる縁起やカルマ。





いい言葉をたくさん使う。

人に対して優しい行いをする。

怒りに対しては、怒らないことで打ち勝つ。











自分の思っていることは、違うのかな~という見方が「人間」の見方でどこかにこびりついていましたが、

いろんな本を読んでいるうちに、「あ、やっぱり合ってた!」と自信を持てるようになりました。



文字で知ってるだけじゃダメですよ



「これはどういうことだ?」と、考えているだけではダメですよ



あとは、実行あるのみ



心の休まるいい言葉を聞くことは「気休め」になりますし、それはそれでいいことです。



でも、行ってみると、救われたことが確信できます。









最近読んでた本。





ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)/岩波書店

¥987
Amazon.co.jp

斎藤一人 みるみる幸せをよぶ魔法の法則/PHP研究所

¥1,260
Amazon.co.jp
風の谷のあの人と結婚する方法/ベースボール・マガジン社

¥1,260
Amazon.co.jp
走る哲学 (扶桑社新書)/扶桑社

¥819
Amazon.co.jp





次回の試合では、優勝しますo(〃^▽^〃)o



自分に関わる全てのことに感謝しています。

スポンサーサイト
2013.07.16 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/87-677bbf66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。