上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「魂が腐っていますね」と言われた。

たしかに、その通りだろう。



幸福の科学は、「地獄とは魂の病院なのです」と言ったと思う。

だとすれば、その「魂の病院」を必要とする人は、すべての人間に当てはまる。


イエスは、「救いを必要とするのは、健康な人ではなく、病の人である」と言った。

また、仏教というのも、心の病院であるととある本に書いてあった。


「宗教をそんな風に捉えるな」という人もいるかもしれない。

では、武道や格闘技のの稽古に励む人は?

私も、空手の稽古に通っている。
毎回黒帯の先輩にノックアウトをくらいへばってばかりの私に、ある時、師範がこのようにおっしゃった。

「弱いから、道場に来るんです。強い人だったら道場なんて来る必要はありません。
みんな、初めから弱かった。初めから強い人なんて道場にはいません。」
と。


パウロは、告白する。
「私は、弱い時にこそ、強い。」と。

生活や、日常において、自分の弱さを自覚する時に、
一義的ではなく、様々な局面で、彼の言葉が、身にしみることがある。




問題なのは、自分自身の「罪」、「魂の腐り」に気がつかない人。

キルケゴールは、絶望とは罪であると述べており、「罪に気がつかない」ことの絶望の深さを強調している。


尾崎豊は、
「生きること、それは日々を告白していくことだろう」という言葉を彼の墓に残している。

生きることは、罪を犯しながら、魂を腐らせながら生きのびていくこと。

しかし、それを受け入れながら、なお私を死に至らせないものがいる。

そのものに、私は、私のありのままをすべてさらけ出す。

そして、人生のすべてに「イエス」という。いわれる。


私は、罪の告白と、そして賛美と感謝をそれにささげる。

そして、それが生きるということなのだ。

生かされる、ということ。



「○○教」が正しい、どちらが上だ、ということは、二の次だ。

いや、迷いだ。煩悩や罪の一形態にしか過ぎない。



皆が、罪人。
いいかえれば、誰もが自分の背中を見ることはできない。
大切なのは、お互いがお互いの背中を気遣い合うことなのではないか。












スポンサーサイト
2013.06.06 Thu l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
はじめまして。
何か苦しんでいる心を感じたのでコメントしました。
私はあなたのように求道心がある人は素敵だと思います。
それゆえ心の葛藤に押しつぶされそうになることもあるでしょう。
けれどあなたような人こそ多くの人の力になれる特性を備えていると思いますよ。
どうか気楽に大らかにのんびり自分自身を輝かせていってほしいです。
2013.06.15 Sat l 春. URL l 編集
Re: No title
ありがとうございました。
コメントを読んで、思わず泣きそうになりました・・・。

孤独だった私に、一歩踏み出す力をいただいた気がしました。


人間って、みんな何かしら人生で克服すべき課題をもって生まれてくると思うんです。
自分にとっては、親をはじめ、そして幸福の科学もそうだったと思うのです。
そして、それは必ず乗り越えられる。そして、本当の幸せに至ることができる、と。

大日本帝国もそうだったかもしれないし、オウムもそうだったかもしれない。

「あの辛い出来事があったから、今の自分がいる」って笑顔で胸を張って言えるようになりたいですね。

大きな価値観が揺らいでも、それでも、やはり私は人間を信じる方向に賭けたいし、人を愛することに賭けたい。神の愛と赦しの方に私を投げ出したいということです。


コメント本当にありがとうございました。



> はじめまして。
> 何か苦しんでいる心を感じたのでコメントしました。
> 私はあなたのように求道心がある人は素敵だと思います。
> それゆえ心の葛藤に押しつぶされそうになることもあるでしょう。
> けれどあなたような人こそ多くの人の力になれる特性を備えていると思いますよ。
> どうか気楽に大らかにのんびり自分自身を輝かせていってほしいです。
2013.07.03 Wed l confessius. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/83-e69313d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。