上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
何週間か前に、上祐さんのトークショーに出席。


休憩時間、目の前に上祐さんがいたので、

幸福の科学問題について少しお話しました。


離婚問題について、元妻のお手伝いをしていた方から話を聞いたよう。

「いやあ・・・あれは、隆法さんも被害者でしょうねえ」

「あの人がサポートタイプだったらよかったかもしれませんけれども。」

「隆法さんのやってることは、法的にもどうかなあ」



私から質問。

「騙されたカルトの教祖とか、グルとかにも感謝することって可能なんでしょうか?」



よいことは、学び、

悪かったところは、許すことです。

そうして、はじめて自立ですね。


とのこと。



そうですよねー

嫌なことを引きずっていたら苦しいものはあります



オウムというカルトを経験しながら、その言葉をさらっと発した上祐さんの言葉にはすごく重みがありました。



う~ん

いわゆる「アンチ」のようではなくて、

敵がいても、「戦う必要はない」でいられる場所に落ち着いていられる人間を目指したいものです。



敵や、相手がどうのこうのよりも、

まずは、自分自身がどう生きるかが大切。



ひょっとしたら、それが一番の攻撃なのかしら。

というか、私自身が、天の声に従って生きていたら、

勝手に仕掛けた相手から崩れていく。




本当に、自分はまだまだ。

未熟すぎます。

時間をかけて、苦しみも受け入れて、自分をきれいにしていこうとおもいます。


合掌。
スポンサーサイト
2013.06.06 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/82-a973d0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。