上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
晩に、隣の学会員の方から、
「飯食わない?おごるよ」と電話。
自分は、「ああ、本当ですか?ありがとうございます。ごちそうさまになります。」
そのあと、
「この後時間ない?学会の小さな集まりがあるんだ。是非参加して一緒にお題目あげて欲しいな。」
「ああ、そういうことだろうと思いましたよ。30分程度ならオッケーです。集団で囲みこまれて入会を迫られない限りは大丈夫ですよ」
「・・・そういうことは、ないと思うよ」

実際には、「信仰はやってみないとわからない」という別の形で、2時間くらい説得されました。





まずは、それぞれの信仰体験の告白。
私だけ、非学会員。

私は、今の社会には欠けている「心」や「絆」といった大切なものが皆さんの中にはありますね、と高く評価しました。
そして、私の考えも述べました。

創価学会の魅力に
・都会のような中での地域の心ある家族のような集まり
・「お題目」と「ご本尊」による信心のすごさ
・そして、「偉大な師匠」池田大作氏の存在
があるのだなと思いました。

そのあと、
「南無妙法蓮華経」の意味や「ご本尊」の説明をうける。

大宇宙の生命と同じ本質が、人間の中にも宿っているということ。
それを引き出すのがお題目。

ご本尊はたしかにただの紙。
だけれども、千円札、一万円札なんかよりも比べ物にならないほど無限の価値を秘めた紙であり、神なんだよ。
それに価値を見出すんだ。

この信仰、信心しかないんだよ

「南無」とは「帰依」すること。
だから、何十分か、お題目を唱えた君も実はすでに、その生命に帰依しているんだよ。
「え?そんなの聞いてないし」

君は24だろ。人間の性格は25で決まってしまうんだ。
だから、この一年、本気で信仰をやって欲しいんだ。それしかないんだ。
信仰は、本気でやるしかない。やるかやらないか。

ご本尊もらうしかないね。

いつのまにか、「偽りのジレンマ」の道が出来あがっていました。

クリティカル・シンキング分野で
「偽りのジレンマ」とか「誤った二分法」と呼ばれる
誤謬論法というか間違った思考パターンがあることは多くの人がご存知だろう。
これは本来、多様な選択肢がありうるはずの複雑な問題について
(大抵の場合極端な)2つの選択肢しかないように論じて選択を迫る論法である。
カルト宗教が「自分達の教えを聞いて救われるか、教えを聞かずに地獄に落ちるか」と
迫るのもこの偽りのジレンマを利用している。
例えば、布教の際にターゲットとなった人物が
自分の将来に希望を持てていなかったり、
社会の堕落に不快感を持っていたりすると、
「現状を肯定するのか、それとも自分達の教団とともに運命や社会を変革するのか?」と
2つの選択肢しかないように偽り、
片方(現状肯定)はもともとネガティブな選択肢なので、
残りの方を選ばせるなんていうのが典型である。

私は、言い逃れにならない言い逃れをして、「眠たいので帰らせてもらっていいですか。本当にすみません」とその場を解散させてしまいました。

まあ、いわゆる「折伏」というやつですね。

やっぱり、彼らが本気で、隠しごともないのは分かる。
そして、みんなで幸せになって欲しい、信心のすごさを体験して欲しいのは分かるけれども、
自分の意志でないのに持って行かれる、というところに違和感を感じた。

知識のない、普通の人であれば、切り抜けられなかったでしょう。

新興宗教にはかかわらないのが一番ですが、
もし関わらねばならなくなった場合にはしっかりと、その宗教の事前情報と、マインドコントロールについての知識を持っておくこと。
そして、映像にもあるように、「ごめんなさい」と言ってでもいいから逃げること。

現代日本人と、新興宗教の関係については、主観と客観の間で、もっと考察したいところです。



そのあと、
「一緒に毎日勤行あげてくれるよね」

とか言われて、
数珠と勤行要点と飴ちゃんをプレゼントされました・・・。

いつの間にか、
次々と学会の信仰への道を引かれ、取り込まれているようで不安…いや、怖いのですが。

学会員さんはいい方が多いんですけれどね…。


ただ、この事例から「人間の信仰」について何か思ったことは、
私たちの心は「自由」でないと意味がないし、
自由であるからこそ、信じるということも可能になるのではないかと思う次第です。
自由な信仰だからこそ価値があるんだろうと思いましたね。
スポンサーサイト
2011.12.20 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/60-64985e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。