上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ちなみに、うちが幸福の科学から離れた原因は、大川崇拝と、彼の説く霊的価値観を受け入れなかった「だけ」ではなく、
それを受け入れられなかった、それに反する言動をした自分を徹底的に差別し、信仰を強要する信者がいたということもある。
また、自分が一番落ち込んでいて苦しい時に、さらに輪をかけて心が地獄に向かっているなどと言われ、本当に辛かった。
完全な、「スピリチュアル・ハラスメント」でいじめとも取ってもよかったと思います。

それに関しては、後になって、全く関係ない善良な会員さんたちから「ごめんなさい」というメールがたくさん来たのだけれども・・・。

あとは、まあ、宗教を商売にしているような職員さんらの態度にもうさんくささを覚えたりもしたのですが・・・。
それはキリスト教にはなかったのですが、
ただ、一神教を受け入れられない、信仰の在り方が違う人間を寄ってたかって「異端だ」「地獄行きだ」などと言って傷つけて信教の自由や良心の自由を認めないキリスト教コミュの態度と、幸福の科学とどう違うのか、と私は思うね。

ほんまに、直感で、両者はまったく一緒や、と思いましたね。

俺、何も悪いことしてないし、人傷つけてもいないよ。
なのに、なんで寄ってたかって批判される必要があるの。

いじめと変わらんじゃないか。

おかしいよ・・・
絶対おかしい。

それが、キリスト教の本質だとか言うんだったら、偽善者かカルトの集まりだよ。

どんなに立派な信仰でも、それが人の自由を束縛したり、人間として基本的な倫理や道徳をなくすようであれば、無意味だし、あってはならないと強く思います。

だから、そういうことに対しては、組織的に断固として戦いたいと思っています。

人間、味方が三人もいれば生きていけるっていうけれども、うちの場合は、何十人もおるし、本当に幸運なことだと思っています。

どんな怪しいものでも、他人の信仰に危害を加えるつもりはないし、またしてもいけないと思っている。
でも、それが、人の権利や心を侵害するものであれば許されるべきものではない。

また言うけれども、宗教のために人間があるんじゃなくて、人間のために宗教がある、と自分は強く信じています。

そういう信念のもとやってきて、戦ってきました。それを貫いて、過去の敵が協力してくれたりということもありました。

本当に、本当に、ありがとうございます。
私たちは決して、ひとつにはなれはしません。
けれども、距離を置いて、認め合い、協力し合い、より良い世界を作っていくことはできます。

これからも、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2011.09.08 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/55-4042a1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。