上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ここで僕の宗教歴に触れておきたいと思います。

小学6年生の時、その宗教(以下「会」と言う言い方にさせてください。)の本が家にくるまで、
そして、中学一年生の時に映画を観て三帰(入会のこと)するまでは

僕の家は、祖母経由で伝えられた、また別の神道系の新宗教に親しんでいたわけです。

「人間神の子無限力」を説く光明的な思想や
冊子の漫画に僕は子どもながらに「宗教」特有の明るさや素晴らしさを感じていたような気がします。

ちなみに会では
その宗教の創始者の霊格は「凡天界」(7次元と8次元の間…後に概念は説明。)にいるらしく、高級霊のひとりであるそうです。

そういう環境に親しんできたわけですから

「あっちの教えは旧い、今はこの人の時代よ」と持ってこられた
当会の「総裁先生」の本に対して何かしらの反発心があったのはあるかもしれません。

その本は小学生あたりには読みづらい内容でしたが
生活の知恵や、経済、国家の考え方など
哲学的でない分かりやすい考え方で、
今まで触れてきた宗教らしくない新しさを感じて不思議に思ったりしたものです。

親が出会ったのは大学で会の学生が活動の一貫として行う「心のエステ」を通じてなのだそうだが。

それから次第に
会の冊子や書籍を僕の家でたくさん見かけることになりました。

「ヘルメス・エンゼルズ」なんていう子ども向けの冊子もあり
道徳的なことや勉強の仕方などいろいろなことが書かれてあり
当時、中学受験のストレスから「いじめ」をしていた僕にとっては良心に呼びかけられているような気がしたものです。

とにかく
家に来る出版物を通じて「会」がどのようなものかを少しずつ知ることになりました。

今まで見てきたり触れてきた伝統の宗教、戦後に出来た宗教とは違う、新しい視点の現代的な宗教だなということを感じました。


初めて会の「支部」に訪れたのはいつでしょうか…
おそらくは中学一年生のころだと思います。
その年の秋には宣伝用の映画もやっていて
映画には素直に感動しました。
ひょっとしたらあの映画が私の信仰の原点なのかもしれません。

そのあたりに三帰をして
「正心法語」や「祈願文」といったお経をいただきました。

三帰に導いてくださった会の職員さんがこう言ってくださったのを覚えています。

「今は分からないかもしれない。けれども、この時はあなたの魂に黄金の刻印が押された大切な大切な時だということがあとになって分かることが来るよ」と。


一緒に来ていた兄も一緒に三帰をしました。
もちろん自分の意志ではなく。
「自分で読んで勉強しようとは思うけど、会に入るのはちょっと…」と言う感じで嫌がっていましたが、
会員さんにやさしく笑顔で「入っても何も変わらないからね、とりあえず入るだけ入ってみなよ。霊的に守られるからさ。」と勧められて一応三帰誓願式を受けたという感じです。

兄も支部に来させられることに対して、初めは「なんだよ」という感じでしたが
会員のみなさんと話をするにつれ、とても素直で明るくなっていって、帰る頃にはすっかり上機嫌でした。

会員さんは
「うん、三帰する前とあとで確かに変わったよ。光が来てるのが分かる」と嬉しそうに祝福していました。

僕もこんなにスッキリした感覚は初めてでした。

今までの宗教観が変わった瞬間でした。

「この宗教は決して怪しい宗教ではない」
「支部は居心地がいいし。この宗教はきっと僕に何かよいものをもたらしてくれる」という期待をもとに
僕は自然にすんなり会を受け入れてしまったのです。
スポンサーサイト
2008.05.03 Sat l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
私もなんとなく三帰してしまいました。

その時冊子を渡してくれたのが、その日の講師だった景山民夫さんでした(笑)ので、浮かれて著作を全部読んじゃったのを思い出しました。
2009.06.10 Wed l こば. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/5-ec51c737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。