上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

元オウム真理教の幹部であり、現在はオウム時代の反省をもとに「ひかりの輪」という団体の代表を務めていらっしゃる上祐史浩氏とネット上でやり取りしました。

上祐氏:
「実は、神戸震災の後にオウム事件が起こったように、
 世の中の乱れを利用してカルト教団が強くなる問題があったり、
 また、オウムの時も今回も、現在の社会に不満な人達を中心に、
 社会の混乱を(心密かに)喜ぶ、興奮しているという話しが、
 私のところには入ってきます。

 そういった社会の分裂に注意し、克服していくことも、
 日本が元気になるポイントかと思いますので、
 それらを交えて、私自身の過去の反省と現況をお話ししたいと思います。

付記:神戸震災とオウム事件(地下鉄サリン事件の関連性)
  ツィイターでのツィートを転載します。

 神戸震災とオウム事件の関係について、あまりご存じでない方のためにコメントしますが、当時のオウムの教義は、大破局が近いというもので、麻原は神戸震災の前に、弟子の地震占星学の鑑定に基づき神戸での地震を予言し、地震後にそれが的中したと主張すると共に、終末預言を繰り返しました。

 さらに、警察の捜査・裁判結果によると、神戸震災のために、警察の教団への捜査・捜索が延期された(と思われたので)、それを更に延期させようとして、そのためには、神戸震災なみのパニックを引き起こせばいいと考え、地下鉄サリン事件を起こしました。

 こうして、神戸震災は、麻原自身とその信者の麻原の大破局予言に対する盲信を深めさせると共に、地下鉄にサリンを撒く行為を教団防衛のために行うという発想を与えた結果となりました。いずれにせよ、当時のオウムにとって、震災が自分達にとって追い風であると感じられたのです。

 神戸震災とオウム事件の関連性はともかく、オウム問題の本質の一つは、社会に対する破壊欲求でした。麻原が生来の性格か、障害者(弱視)で親元離れた不遇の幼少期による心の歪みのためか、家族・学校を含め自分を取り巻く社会への不信は強く、開教後も終末予言と共に国家権力の陰謀説を主張しました

 それは、犯罪行為のスケール・計画性・手段などは全く違っていても、動機の点において、秋葉原の加藤氏の行動と本質的に共通性があると思います。また、2000年代に入って無差別殺人(通り魔殺人)が増大している背景事情とも繋がっていると思います。


「大川さんの話しは、オウム真理教と違って、震災を終末預言への盲信に
 利用したケースではないですが、一般人には非合理的=カルト的に
 聞こえますね。
 
 私が聞いたところでは、韓国系のキリスト教団が、東北震災を使って、
 終末が近いと熱心に主張しているそうです。
 
 また、ある大手出版社によると、宗教学者の中にも、震災=カルト教団の
 活性化を懸念する声があるそうです。 」


私:「私を批判される幸福の科学信者の方の多くの宗教的経歴を見てみますと、
初めは素朴なスピリチュアリズムなどに興味があったのですが、大川氏の著作と出会い、「人生を180度変えられる」体験をした。
「本当の世界」に対する目が開けて、大川氏の書籍ばかりを貪るように読み、その世界の中だけで自分の価値観が形成されていくんですね。
これは、ある種の「洗脳」に近いものがあります。
幸福の科学はいつも外部に「敵」を作っていますよね。講談社しかり、北朝鮮しかり、民主党しかり、大川きょう子元夫人しかり、そしてついにはレプタリアンなる宇宙人まで想定し、「宇宙人撃退祈願」などを作り、ひとつの資金源にしているわけです。
「仏陀再誕」で、「信仰は百パーセントでなければ意味がない」「自分以外に神を想定して拝むな」と言っているのはみなさんも読めばわかりますが、そして、さらに一般向けには発売されていないのですが、「信仰論」「君よ、涙の橋を渡れ」などといった信者向けの書籍には、ぎっしり大川氏への絶対的な帰依、服従が訴えられています。

確かに、教団内では「いい人」も多く、信仰を分かち合っている間は他にはない「心地よさ」を体験できますが、
自分の頭で考えようとする人間に対しては、徹底的に排除する傾向があるようです。
「自分たちの世界」を壊されたくないのでしょうね。

・・・ほかならぬ、昔の私がそうでした。」


スポンサーサイト
2011.07.05 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/49-b9912b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。