上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「2003.9.24
それより、再び魔が私の心に入り込もうとしているのを感じる。夢の中でもネット上での教団への批判のささやきが聞こえ、無意識中のスキを狙って、わが信仰の柱を揺さぶろうとする。
また、自己顕示欲という己心の魔とも戦いの決着はついていない。私の悟りからの慢心か、偉いことを言って人々からの賞賛を得たいという欲が時折心に去来する。
これは戦いだ。このような時こそ心を落ち着けるのだ。欲を心から排せ。常に穏やかな心境でなければ、あなたは本当に悟っているとは言えない。

聖書にもあるであろう(マタイ6-1)
 あなたがたは人々の前で自分の行いを見せびらかさないよう気をつけなさい。さもないと天におられるあなたがたの父のもとで報いを受けることはできないであろう
・・・と。
あなたは一体何のために悟りを求めているのか。人々からすごいと言われたいからか。それは奪う愛以外の何物でもないのだ。それは愚かであるということを肝に銘じておけ。」

「『上求菩提・下化衆生』について思うこと。
非常に難しい。何も知らない人に話を合わせ、伝道しようとすると、どうしても波動が下がってしまう。意識は常に高く、そしていつも笑顔でやさしく、人の話には耳を傾け、凝り固まった文章でなく、さりげなく仏法真理の話を身近なところから話してやる・・・まずはこれを目標にすべきか」


・・・あなた一体何を悟っていたんですかねぇ?

というか、当時はとても窮屈に自分を考えて悩んでいたんだなぁ、「素の自分」で生きるということをダメなことだと思っていたのか、と思いました。

それがいいことだと信じて自分の心を捻じ曲げていくことこそ「マインド・コントロール」にほかならないです。

素の自分で生きている今の方がよっぽど気が楽です。
スポンサーサイト
2009.06.18 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/37-d19fd11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。