上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
一日の研修が終わって



講師の方から

「ちょっといいですか…?」
と、一対一。

「この祈願なんだけれど

今までの自分の作ってきた殻を破って
今世の魂修行が10倍にも成果が上がるんで

昨日受けた祈願は…あまりピンと来なかったということを聞いたけれど
長かったからね~

でも、この祈願は普段の祈願の100倍もの効果がある。

今の若い時期に受けとくとまた全然違ってくるから。



受けてみない?」


私「絶対嫌です!」

…とは言えずに、

「………………」



「じゃあまた明日の朝、気持ちが固まったらぜひとも。」


そこまで言われると飛び付きたくなる気持ちもあるけどさ…


別に、良く分かんないけど、短い時間の間我慢してちょっといるだけでいいわけだけどさ。

自分の財布から札束が飛んでくわけでもなし。

裏で「儲かった」と喜んでるわけじゃないのは存分に分かるし、
霊的に変わって欲しいという願いもあるんでしょう。


否定する明確な理由も言えないんだけど



とにかく、なんか気持悪いんだよ。

操作されてるようで。

うまく言えないけれど。



自分の馴染みのあるカトリックの教会や神父たちは絶対そんなことしない。
スポンサーサイト
2009.03.02 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
私も幼少時にプロテスタントの教会や、浄土宗のお寺に自由に出入りしていたので(祖父が総代だったもので)、それらにない気持ち悪さがわかるように思います。

一般人でも自由に出入りできるからこその宗教法人、施設であるというのが、宗教法人の建前であったはず…
(と、告発サイトにありました)
2009.06.11 Thu l こば. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/28-2b99996d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。