上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
水谷修先生のお話聞きに行ってまいりました。
当日不思議な雲が見えました。
浄土真宗の龍谷大学とカトリックの上智大学共同の主催で
様々な方面から、悲嘆の癒しについて講義が開催されていくわけです。
グリーフケアセンターの高木シスターに、控え室に呼ばれ、目の前にご本人。一言二言しか言葉は交わさなかったですしそれ以上は必要ないと思いました。ファンでも追いかけでもなくヒーローや有名人と仰ぐのではなく、同じ方向を向いていてるので。
きっと、私の最上の幸せは先生に認めてもらうことなんかよりも、
今目の前にいる人の幸せのために動き続けること。
それにしてもお歳をめされたなあ。

人はなんのために生きているか。
人を幸せにするため。
誰かを笑顔にするため。

言葉にすると簡単だけども、深い。

「暴走族やってた」「いいんだよ」
「リストカットやってた」「いいんだよ」
「引きこもってた」「いいんだよ」
「おれ、死にたい。私、死にたい。」「それだけはダメだよ。水谷と一緒に明日作っていこう」
で、三百万部売れた「夜回り先生」の本ですが、
「いいんだよ」を日本中が待ち望んでいた。
歴史上でこれを繰り返し言ってきたのは、
法然、親鸞、キリスト。

世の中全体に、家庭でも学校でも社会でもイライラが満ち溢れている。一番無力な子どもたちに様々な問題が起こる。
いじめ、非行、不登校引きこもり、リストカット。

心の病に対する4つのアプローチ。
1.運動をして身体を疲れさせる身体的アプローチ
2.薬物療法などの化学的アプローチ
3.カウンセリングなどの論理的アプローチ
4.最後に、超越論的、宗教的アプローチ

1-4を組み合わせていくことが課題であるとおっしゃっていました。
宗教施設が子どもの生きる力になるのは大きい。
何だか感じのいいと思う子は神社やお寺に家族で参拝している人が多い。
教会学校や青年会での関わりの中で考えながら自分を取り戻していった仲間をたくさん見てきたし、
遍路中も、引きこもりの青年を預かっている禅寺に泊めてもらい、いろいろと哲学の話をしました。
老齢化が進む教会で、唯一若者が爆発的に増えているところがあるが、晴佐久神父というカリスマみたいな人が、ストレートに救いを宣言している。
松下幸之助さんや、斎藤一人さんといった実業家は、ものすごく神様とか神社を大切にしている。慕ってくる若者もいて嬉しかったわけです。
さて、無教会は…?場所を提供できているだろうか?しっかり話を聞けているだろうか?内輪になっていないか。外に開かれているか。

日本全体の課題に、真摯に取り組んでいかねば。








スポンサーサイト
2016.10.05 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/267-84ff277b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。