上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
愛されたくて愛されたくてたまらない症候群
みたいなものが、
宗教に行く人の中にはあると思うんですよね。

というか、多かれ少なかれ多くの人にはそれがある。

そして、その正しい満たし方を知らないから、
傲慢になったり、無駄に頑張りすぎたり、
酒に溺れたりする。
人間関係でトラブルも絶えない。

寂しくて寂しくて、
他の人が羨ましくて仕方がない。

自分の惨めさをわかってもらうために、
振り向いてもらうために、
物語を多くこしらえる。

自分を傷つけたりもする。

そして、どうしたらいいか全く見当も付かなくて、次第に絶望する。


どうしたら、そこから抜け出せるかという試案のひとつ。


宗教団体でも、教祖様でも、共同体でもない…
神さまに対する信仰をしっかり持つこと。

あらゆる地上的な次元を超えたもの、生命体全体のうちで、自分にどのような役割があるのか
ということを問いかけ続ける、という内的な作業のことです。

宗教的行為とか知恵というのは、心理学的にも、環境に左右されない主体的な自己を確立する上で、
非常に有意義なものなのかもしれません。

信仰で大切なのは、神様と取引をしない、ということです。

キリストは、神殿で商売をするなと言って、屋台をぶっ壊して回りましたが、
商売とは、こういういいことをしたからとか、断食とか祈りをしたから、神様応えてくれるでしょうという下心です。
変に真面目ぶって敬虔ぶった遠慮がちな態度ですね。
神様の前で立派で敬虔な態度取るのは、人間の側の矜持を超えちゃいけない。


実は、神様というのは、因果の法則を超えたところがありまして、
努力とか苦労とかあんま関係ない。
むしろ、ツキとか運とかが非常に重要です。

こういうことは、脳科学の方でも照明が進んでおりまして、
実は、成功と努力は関係ない。
苦労はしてはいけない、
ルンルンでやらないといけないということが明らかになってきた、と。

神様は無限の供給者なので、
まあ、繋がったら、ほとんど反則みたいなもののように思えます、人間の目から見たら不公平です。
でも、なんでもいただけると言うのだから、くれるものは全部ありがたく、いただきましょう、
と遠慮なく神様からの助けを受け取れる人が恵みとか救いを受け取れる。

人様から、あれくださいこれくださいという子供がいて、そういうのは厚かましいと思いますが、
神様から、あれくださいこれくださいは、もっと厚かましくてもいいと思いますね。笑
まあ、正確には、神様は、あれもくれるこれもくれる方で、ここまでやるかってくらいすごい、と。




もう一つが、
利他的な行為。
それも、見返りを求めないで、相手の立場に立ち興味関心を持ちながらも、
なしたことに関しては完全に自己満足である利他的な行為。

なになにしてあげたということではなく、
相手の幸福を願い行動すること自体に、自分の幸福があるということです。

究極な話、ボランティアに行って、奉仕を一生懸命して、それをしてあげた人に全部無慈悲に蹴り返されても、
ニコニコしていられることができたら、
実は一番幸福なのは自分自身なのです。まあ、神様からの無限の供給を受けておりましたら、まあそれに比べたらいいか、となる。



次が、
感謝の念=幸福、ということです。
これも、周りから立派とか清く思われたいからとかでなくても構わないので、
勝手に心の中で、あらゆる人に対して感謝をしておけばいいのです。
自分を傷つけ騙し怒らせるようなことをした人に対してもです 笑
なんとか理由をつけて感謝の念をしてみれば、得をするのはあなたです。

これにも、練習や慣れが必要で、熟練してくると、それまでぶん殴って呪い殺してやりたいとまで思っていた人に対しても、
なんとも思わなくなるばかりか、穏やかな心境を保っていられることができます。

奪われたことや大変なことというのは地上的な目で見れば相当あるのですが、
存在レベルで見たら、やばいほどの感謝感謝で成り立っているのですね。


愛されたい症候群から抜け出すには、
自己満足を貫いて貫いて貫き通す、
それも一つの手です。
キルケゴールという人は、絶望から抜け出すためには、信仰への飛躍が必要で、主体的自己を選び取るのだと申しましたが、
他人や社会、要するに、週刊誌や学者の次元で規定されない、内的な高み、神の次元に飛ぶということです。










スポンサーサイト
2016.07.05 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/263-73c9f117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。