上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
晴れて第一希望の大学に入学、上京しました。

その頃は、未だ五反田にある「学生部」の本部に顔を出したり、さまざまなイベントがあると参加していたりしていたのです。

宗教に裏切られた私がなぜ、そのように再びそのようなことをするのか。

分かりません。

ただ、新しい出会いが欲しかった。

自分のことを語れる場所が欲しかった。

学生には何の恨みもない。

僕と同じような信仰を持った人のあつまり。

悪い人でもない。

でも、会の活動の中心に入り組織的な面で動かすということはしたくなかった。

僕は、僕の中で「信仰」をほとんど虚しいものと捉えていたから。


よく、会の学生部の活動に呼ばれて行くこともあった。

やっていたことは何だろう。

一番は、やはり「伝道」「お誘い」、学生部合宿やイベントなどを作っていくこと・・・

自分はよく知らないというのが本当のことです。

楽しかった。
でも、少しさみしかった。

ひょっとしたら、その寂しさは僕がどこに行っても同じように付きまとっているものかもしれません。



少し、学生部の暖かな思い出をひとつふたつ・・・

東京大学などの文化祭では、「宗教」ということを表に出さず「教祖の著作の研究会」ということで「心のエステ」という催しをやって、
お客さんに心理テストをやってもらって、「仏法真理」からみて「愛」とか「夢」とかいろんな角度から悩みとか興味のあることを上手いことしてなんとか楽しく話し合っていく。

別に、「宗教を伝えたい」とか他意はなくて、純粋にお客さんが目を輝かせて興味をもっていろんなことを一緒に話し合えるのがとても楽しかった。
最初は緊張したけれど。

来てもらう前と来てもらった後で少しでもその人が幸せになってくれれば僕たちもとても嬉しかった。

「できたじゃん!ありがとうね」と言ってくれた先輩の笑顔が忘れられません。


学生部合宿の夜、
徹夜でいろんな仲間と語り合った思い出。

キャンプファイアーの前で自分の体験を涙ながらに本気で語ってくれた仲間たち。

みんなで手をつないで歌を歌った。

そうしてできた学生部の絆は宝物。

みんな、この会にたいする「どうせ宗教だろう」という見方を変えて、
「宗教って本当に素晴らしい!」と、純粋に他の大切な仲間にも信仰の素晴らしさを伝えたくなるのです。

彼らは本当に純粋。

僕たちと同じように悩んだり、喜んだりして、迷いながら一生懸命生きている。

そのヒントに「信仰」や「仏法真理」とかいうものがある。


僕は会も宗教も嫌いだ。

でも決して、彼らをいやみに言うことのできる良心は持ち合わせていない。


僕は・・・みんなが大好きです。

しかし、この「活動」の手伝いはできないんです・・・。
スポンサーサイト
2009.02.24 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/26-ce39daab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。