上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、大川氏の講演会について記事をあげて、
「あんな風に人前で話すんだ」って書いてたら、
近日、数百人の前でお話することになりました。
とあるキリスト教系のイベントで。
十人くらいの前でお話したことが感動したみたいで、話してください、ということで。

私、一番人間的に社会不適応な部類に入ると自負しておりますし、
いろいろなしるしや証拠があるにもかかわらず、
「神様は俺を見捨てたんだー!」「罰を与えてるんじゃないか」と疑ってかかる不信仰な人間です。
「生きている意味がよくわからん」とものに八つ当たりするのも最近。
太宰治とか、浅野いにおの世界にどっぷり浸かり退廃的な切なさに浸る。

宗教者としては、いい素質なのかどうかは不明ですが、
社会的にはううむ。

はっきり言って、「自助努力」「与える愛、生かす愛、許す愛」「悟り」
落ちこぼれ組。



が、
こんな私でも、なぜか、ありえないほどの運の良さで、舞台が与えられる。
預言者の使命を与えられる。


キリストの弟子が、真夜中の嵐の船の上でビビってても、
キリストの神は、水の上歩いて船に乗り込んでくる。

弟子が全員師匠裏切って逃げて、
鍵をかけて家の中で震えていても、イエスはやってきて平安を与える。

ううう
書きながら泣けてきました。

これ、クリスチャンでなくても、
阿弥陀様でも、ご先祖様でも、神様仏様でも、いいですからね。


師匠を裏切った弟子が全員、死刑になっても喜びながらキリスト伝えたってすごいですからね。

で、アンチだったサウロが、いきなり回心してキリスト伝え始めたってやばいですからね 笑



こういう人間の話だから、神の愛にますます説得力が増す(笑)
神様がこういう器の人間を使われる謎。

自分が語るのではなくて、
キリストが、聖霊が、私を使って語る。

こんな自分を通して救いと福音を語る。
宣言する。


一万人の講演会以上のお話をしてきます!




ちなみに、よく私は死ぬことをよく考えます。
「暗くなるからそういう話やめようぜ。」ってなるけれど、
多分、感謝を増やすためにそういうことをしてるんだと思う。

難病で亡くなった人のFBのアカウントとか見て、生きている間の闘病日記が、超明るいわけです。
感謝感謝感謝で。

だとすると、死んでもいないし、五体健全な私たちはもっと感謝できるよね。
スポンサーサイト
2016.05.13 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/251-81166746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。