上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
宗教遍歴が凄まじいなあと私自身思います。

K会から脱却して、「自分自身の信仰」を育てていくまでに、
それこそ、「出エジプト」のような苦難はあるわけですね。

それまでの、霊界観や世界観から離れて、何を頼りにしていけばいいのか。

何を梃子の支点として人生を切り開いていくべきか。

平凡な日常の幸せに戻っても、何だか虚しい。
かといって、霊とか宗教の世界はアレルギーがあるからもうごめんなさい。

キリスト教や仏教という伝統宗教は、
いい人も多いですが土着化学問化していて、どうも自分の悩みに応えてくれなさそうだ。

自分を信じればいいというけれども、
その自分というものがあやふや。

カルトやマインドコントロールについて学ぶことは慰めになる。

現代哲学にでも触れて、結局、わからないとうめき続けたり、絶望を受け入れるしかないのかなあ。

敬遠していた唯物論、客観主義を学び、「ああ、自分理性使ってなかった。騙されてた」となる。

原始仏典や、孔子孟子、老子、聖書から学び直す?
現代社会でそれ生きようとしても時代のタイムラグが…。
確かに普遍的なのですが。

原始仏教や禅、ヨーガは、現代になっても有効です。
私もヨーガ療法やりました。

ちなみに、オウム、アレフから独立脱退したひかりの輪は、
心理学や仏教哲学に、麻原信仰を脱却するものを見つけました。


本屋で並ぶスピリチュアルを独学で学ぶ?

私の場合、それ、大きかったです。
宗教と言っていることは同じで、身構えることも多かったし、当然、スピ系嫌いな人もいますし、
なんかの宗教と間違われること多々。

実際、実践することで、いろいろわかってきましたし幸福感も増しました。


それも有効ですが、古典は繰り返し読んでおくべきです。
人類数千年の英知が詰め込まれているわけです。
古典をろくすっぽ読まないで、「古い時代の書物は読む必要はない。新しいステージに私は居るのよ」「頭でっかちになっちゃいけないですよ」とか抜かすスピリチュアルを語る人間は信用しないほうがよろしい。
教養のある人間とそうでない人間は住む世界が違いますから、話も通じない。
どっちがいい悪いでなく、空ですむか水槽で住むかといった違いです。
(キリスト教を広めたのは、学問も身分もない人々に聖霊が降ったことによってですので、信仰と教養は関係ないかもしれません。)


こういう、現代世界の抱える矛盾に関しては、一般的な答え、万人にあう答えはなくて、
それぞれが、特殊な問題を持っていると思って、特殊な解決をはからなければなりません。

宗教的霊的な危機の時代というのは、
逆に言えば、真剣に自分の実存をかけて、真理を求めることのできる時代ですから、
一つの霊的勃興のダイナミクスを起こすチャンスです。

鎌倉時代にも末法思想という絶望が、鎌倉仏教を花咲かせ、
カトリックの腐敗から、ルーテルの信仰のみの戦いが起こったように。

これを読んでおられる方にも、その霊的勃興を起こす使命を持った方がおられると信じています。



私の場合、スピリチュアルや成功哲学で、そうとううまくいった部分はあります。
聖書にも実は成功哲学やスピリチュアルの真髄は散りばめられているのですよ。

とはいえ、
本当に自分の底の闇とか恐怖とかドロドロした部分、
絶望とか人間の矛盾の問題と対峙しなきゃいけないと思ってたんですよね。

ある種の躁鬱的な病理かもしれませんが、
大成功や野心、愛と感謝と幸福と人格完成や聖なるものを求める気持ちと、
『人間失格』のような人間存在のどうしようもなさといった矛盾した魂が同居していたわけです。

後者を、退けて扱わない思想が多いです。
だとすると、自分は、どうも救われないんじゃないか。
自分が救われないとすると、どんな善人ぶってる人ももれなく地獄行き確定なんじゃないか。
という恐ろしい結論しか出てこない。
カントの「根本悪」とか、親鸞の「悪人正機」に近い。

私の場合、かなり、わがままでして、
「人間失格レベルや、極悪人ももれなく救うそれくらい愛のある神や仏じゃないと嫌だ」
「自己責任ってきつすぎる」
と思うくらい、まあそこまでのモンスタービリーバー 笑

これを、学校とか会社に対してやっちゃ迷惑ですからいけませんよ 笑



この人間存在の矛盾を解消するのが、私にとってはキリストの十字架だったわけです。

イエスが、神であるかとか預言者の一人であるかとか九次元霊の一人とかいうのは、それぞれの信仰の問題に帰着しますので、わかったふりはできません。
それぞれ、魂にしっくりくるものを信じてください。
信仰は真心、深い心の問題であって、イデオロギーや思想信条であってはいけません。


さて、現代の教会がそういう生き生きとした信仰を伝えているかと言いますと、
もうほとんど儀式とルーチン。お勉強。
理由はわからないけれど、迷信のように定式化した祈りや戒律を守る。
新興宗教のほうが救いはあります。

かといって、異端のキリスト教も多い、と。

どうすべきか。

私ごときに、新興宗教を立ち上げる力はないし、カルト化するだろうなあという懸念も、
どこから見ても立派でない罪人の私がセンセイや教祖呼ばわりされるのもやだし 笑


探してると、
ちゃんと、生きている聖霊を伝えている方いますよ。

いないいないと嘆く前に、
アンテナしっかり立てて探してると、いい出会いはあります。













スポンサーサイト
2016.05.10 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/247-50a2e0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。