上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エル・カンターレと名付けられる霊を如何なる位置付けにするかは、立場によって異なる。

あらゆる諸宗教の人々は、「地球の精神を全体として指導している根源的な神霊がいる」という認識はこれは共通している。

私も、それを信じているし、
また、そのような神でなければ帰依するに値しない。


エル・カンターレを大川氏と信じる人が彼の教団の信者である。

言ってみれば、イエスをキリスト(救世主)と信仰宣言をする者をクリスチャンと称するように。

イスラームでは、神は唯一であり、イエスは神の子ではなく、預言者の一人として尊敬される。


仏教では、一者や神ではなく、一性を、空と名付ける。
空の密教的側面を大日如来と称し、
救済的側面を阿弥陀如来として帰依する。



伝統宗教は、根源的一致を観念的に理解し求めつつも、
そのムーブメントがなかなか起こることはない。

キリスト教でもカトリックとプロテスタントの対話で精一杯であり、
地球の精神的脈動を俯瞰的に捉える試みに興味がない。


中学生レベルの社会の知識を語るだけで、「うわー詳しいんですね」と驚かれるが、
なんで、もっと勉強しようとしないのだろう。

高校の倫理くらいの教養は学ぼうと言いたい。



歴史とか宗教の起こりというのは、世界精神や天上界の計画に依って展開していく。

それは、地上の物質的な体制や技術との兼ね合いでちょうど良いタイミングで降ろされていくのである。


世界精神の視点から、幸福の科学のムーブメントの意義を観ると、実に興味深いものがある。

だいたい世論や成功哲学の流行りを、十年くらい先取りしている。
多分、2025年くらいには、宇宙人のことを喋っても、共感してくる人が増えてくるだろうと思われる。

十年前はお金儲けのことを話すとぎょっとされたが、
今では、お金儲けは善というのが常識である。

日韓友好で盛り上がっていたとき、韓国叩きをすると変な目で見られたが、
今では、逆。


諸宗教の根源的な一致、宇宙の法則を説くのは、現代では世界中で別べつの接点のない人々が、
それぞれ単発的にそれを説く。

大川氏が、いわゆる「中央集権的」に大きな事業でもってこれを進め、方向性を明示し、信者もそれに同じ方向についていく。
それ故、(私のような)離反者やアンチを出しつつも、事業を拡大し展開するのに対して、
世界で展開するスピリチュアリズムムーブメントは、個人的であり、分権的であり、
人によって割合自由に物事を言える。
個とつながりと言える。


一人のカリスマのもとには、多くの人が集まる。
カリスマは、断言し、宣言する。
バランスの取れたことは言わない。
賢いことは言わない。
偏っている。

それでいて、普遍を感じさせる。


世界精神は、文明を一歩前進させるために、
また、対極で人を救うために、
ラディカルな霊的満ちた者を地上に遣わすようだ。

私は、大川氏を根源神や崇拝対象とは見ないで優れた霊的実業家と観るが、仮に、彼にその自覚がなかったらどうだっただろうか。

良心的な古参の信者が離れることもなかっただろうが、大事業もなすことができなかったであろうと思われる。

力ある宗教は、いくら理性をまとっても、必ずそこに狂気が内在している。
非合理に満ちたポテンシャルが蠢いている。

それは世間的なものを超え出ていなければならない。

神学でも、合理的なものと非合理なものが闘ったら、実は非合理なものが生き残る。


私は、大川氏を決して神とは崇めないが、神は、彼の狂気を一定の役割のうちに遣わし、必要と認めたと見る。

その役割とは、地球的神霊の観念でなく、地上に具体化を進めるための役割。
物質的な豊かさの肯定。
また、批判もあれど、宗教が政治に対して正論を述べる意義。

個人崇拝は危険である。しかし、個人崇拝がなければ、大事業は為せないというパラドックスが人間のうちには確かにある。



しかし、そういう時代は今や終焉を告げようとしている。

間違いや魂に反することが露呈されてきた。



地球は一つの村になる。

一人一人が神であることが分かってきた。


全ては一つにつながっていることが分かってきた。


限定的なものや派閥を解除して、一つのものに対して開かれながら、人は自由になりつつある。

そういう時代、
そういう学びの時代がやってきたのだ。










スポンサーサイト
2016.01.21 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/205-5f101a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。