上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
偶像崇拝は、一神教においては厳しく禁じられている。

多くの人が、偶像崇拝というと、
アラーやキリスト以外の神を拝んだり、
自然物や太陽や石像を拝んだりする外面的な行為だと捉えがちだが、
そうではない。

形式的に偶像崇拝を否定することにこだわるのも、偶像崇拝の形を変えたものである。


つまり、宇宙を作った人間の想像をはるかに超えた「サムシンググレート」があって。

それを、人間の認識のレベルまで落として、
宗教的にどうだ、思想的にどうだ、
って、本当にもううんざりするし、傲慢なことだ。


ちなみに、偶像崇拝は一概に否定するものではなくて、
信じる力が深くて強ければ、
イワシの頭を信じても、迷信を信じても、
ちゃんと奇跡とみられる出来事は起こるのである。


もっとも肝要なのは、
潜在意識や霊の世界であり、
意識する世界や、思想や主義主張の世界とは、別次元の問題である。


よろこびがじわーっと広がり、
人生になぐさめと平和と幸せをもたらす霊の働きこそ大切に。





スポンサーサイト

2015.09.28 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/199-1f806d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。