上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ちょっと昔は、
自分は、いわゆる「K会」アンチで、
K会会員と、総力戦で、ドンパチやってたわけです。

そういう時期があった。

感情的な「嫌い」があって、
K会とORの「ここがダメ、あれがダメ」に
とらわれていた時があって、
まあ、それが、自分の魂の成長を妨げておったわけですね。



それが、退会して、いつの間にか消えて、

K会にとっての悪いニュースを聞いても、

「ふうん。」


良いニュースを聞いても、

「ああ、それはよかったね」
とチラリできるところまで行った。



で、

改めて、

自分の足と頭で、
世の中の、成功哲学とか、心理学とか、

たくさん学んでみると、
割合、OR氏のすべてがすべて間違っているというわけでないことに素直に気が付く。

「自分は、あの人を神とは認めない」、ってだけで。

信じたい人は、信じるのが一番いいし、

信じたくない人は、信じないのが一番いい。

ただし、
強い押しつけがあった時点で、
「その人の信仰」は嘘っぱちだよね。


そういう合戦から降りて、
「自分の幸せ」に思いっきりフォーカスして、自分の道を進めばいい。


どこの宗教にも、
「押しつけ」はあるの。

どこの宗教にも、
「奇跡」はある。


私は、
そういう現象を、あっちでもこっちでも見てきたし、

人生うまくいく人、行かない人、
何が違うか、見てると、

「本人自身の魂がどうあるか」
のこれに尽きるわけで。



いちいち、絶望したり、失望したりしていてはきりがない(笑)


一人で、山に登ったほうが、
神様と出会える確率は高い。

群れから離れるときの孤独さえ耐えていれば、本当の幸せを、じっくり味わえる。



人は人、
自分は自分、

それを学ぶのが、
たぶん、この世での修業の一つ。


あなたには、あなただけの、この世での使命があるし、
わたしにはわたしのそれがあるから、
一番いいことは、
自分の魂が一番よく知っている。



きっと、
この世での不幸は、

「依存」

「押しつけ、他人のコントロール」


これですよね。





人の、悪いところがあったら、
批判したり、悪口言ったりするのをぐっとこらえて、
自分はそれを真似しなきゃいいだけ。

押し付けてくる人がいて、嫌な思いをしたら、
「自分だったら、どういう風にできるかな」
を考えていく。



「他人の為」とか言って、
押しつけがましい人や、
自分の正しさを主張する人は、
ほぼ例外なく、幸せになりたいと渇望しながら、「不安」を抱えている。

それで、
反応してしまったとき、
自分にも、
「不安や不幸」はある。

それが、見抜けたら、
一歩降りる。


向こうが、いくら強く折伏してきても、批判してきても、
それが分かってたら、
一瞬は落ち込むけれども、
もう、もののすこしで、自分の幸せにフォーカスできる。



自分は、自分の信じたいもの、
幸せでうれしいものを、
自由に信じる。


押し付けない。
押し付けられない。


私は、
宗教を超えた「唯一の神様」がいると思っている。

神道にも、仏教にも、キリスト教にも、おなじ根源があると信じている。

神様は、私たち一人一人のなかにあると信じている。


いわば、「一神多教」。

輪廻も信じている。

お金儲けも善だと思っている。


そのことをとやかくいう人は、かなり多い。

そして、それは正しいと思う。

でも、自分にとって、自分の信仰は一番しっくりきている。
それも正しい。
それぞれの魂の正しさがあるから、その道を行くのが一番いい。

いくら言葉を尽くしても、分かり合えないことが分かった。


言い負かされたふりをして、
別のところで一人でわたしの神様を信じて、
やりたいように、うれしく信仰している。


笑われてもいい。

自分の心が、いいとわかっていたら、迷わずそれに突き進むべき。

他人の眼が気になるとか、
議論や言い訳が出ることは、
自分の心に迷いがある証拠。


それが、突拍子のないものでも、
常識からは考えられないようなことでも、
うれしかったら、それが一番いい。

私自身、自分が宇宙人だろうとか思っている(笑)


そして、それが一番いいのだ。




道がなかったら、
他人に頼る前に、自分で拓いていく。


神様というのは、
あなたにそのことを望んでいる。




OR氏が、あれだけ稼いで、信者作ってっていう事実は否定できない。
まあ、要するに、「成功者」の一人なんだよね。

手放しで、嫌悪感を示し否定たり、
手放しで崇めたりするのは、カンタン。

そこから、「何が学べるか。」
「自分だったら、何ができるか。」

もいちょっと、
上澄みをかすめ取って、自分の糧にするくらいの、したたかさを持ちたい。

「不正にまみれた金で、友を作れ」という聖書の言葉はこれ。



他人が、
没落しようが、向上しようが、
それは、その人びと固有の「魂のタスク」だよね。





本物の道を歩む人は、群れないよ。
しっかり孤独の中で自分と向き合ってる。

そして、それが、もっとも神の声を聴きやすい、幸福の道だと知っているから。




スポンサーサイト

2014.11.11 Tue l 未分類 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/165-6418d32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。