上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
宗教というのは、
つまり、潜在意識にコンタクトして、本当の神とつながって、
良い人生を送るための、
手段や、はしごのようなもの。

大切なのは、
自分の心が
理屈抜きで、震えるか、
鳥肌が経つか。

逆に、
どんなに立派なことを言っていても、
理屈で絡め取って、
反論できなくなって、
少し、苦しくなったり、圧迫感がある宗教は、嘘。

信者は、
本当に心から、信仰に喜びを感じていないし、
自分自身に嘘をついている。

今までに、見てきた、
カルト的なものの多くが、やはりそうだった。


逆に、
あやしい、あやしくない、
世間の目で、いい、悪いは
実はあんまりあてにならない。

むしろ、目くらまし。

原始キリスト教なんか、そう。

本当の愛は、必ずしも、人々の我欲に迎合することではない。

そこに、
聖霊が働いているか、
うれしいかどうか、喜びがあるかどうか。

世間に対する言い訳ばかりを考え始めたら、
それをし終わらないうちに嘘っぱちの人生は終わってしまう。

自分の魂に忠実に。
気持ち良く生きよう。

人に認められるより、
神に認められる生き方をしたい。

世界に認められるより、
宇宙に満たされる生き方をしたい。
スポンサーサイト
2014.10.28 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/148-a13b1149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。