上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「コップの中の嵐」
という言葉がある。

人が新しいことをはじめようとする時は、
いつも周りから、
「でも」
「君にそんなの無理」
というダメ出しの言葉が
涎を垂れる犬の条件反射のように
次々と出てくる。


夢を叶えるために、
彼らを納得させ、
論破しないかぎり、
次の道は開かれない、

と思うから、
先に進めないのだ。


いつのまにか、
狙いが、
夢に向かうことでなく、
前にいる人間の論破や心を変えることに変わってしまい、
次第にコップの中の嵐のとらわれから抜け出せなくなっている。

あたかも、富樫義博の漫画の
「時間稼ぎの足留めの為だけに雇われた敵」のように。


彼らの生きている世間は
所詮、水槽の中の吹き溜まりで、
その外の現実など
例外だとかはなから思い込み、
認めたくないのだ。


大切なことは、
彼らには分からない。

夢を語る人間を笑う性根を持つ
「ぬるま湯の善人」に、耳を貸さないこと。


気がつかれないように、
静かに、
歩みを進めなければならない。

雑音に惑わされずに、
ただ孤独に耐え、
ひとり進んだとき、
君は、
いつの間にか、光の中にいることに気がつく。


燕雀いずくんぞ、
鴻鵠の志を知らんや。
スポンサーサイト
2014.01.08 Wed l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

修行の域を超える実態
ここまで、悪魔悪霊がはびこっていると、修行としてもかなり難しくなっていると思います。
それと、政治においても政策の失態を民間弱者に背負わせ、生産性のない公的機関は安定して生活が保証される実態は、階級制度そのものです。

ここまで、国家が経済や心の面で衰退すれば、修行の場は悪魔悪霊の手中に収まっているといえましょう。
善悪は逆転し、我欲に溺れない人を愚か者と評する。このような環境下では、余程強い心でないと目の前にぶら下った餌に食らいつくのです。
我欲の獲得の為には、平気で他人の人生を犠牲にできるのです。

霊的にもこのような状況になった国家がこのままの状態でいくとは思えないですね。
やがて、反作用が起こってくると思います。
今やどこにいっても悪霊の宝庫です。

悟りを求める者の心を知る人は、ほとんど居ないということでしょう。
2014.01.09 Thu l XYZ. URL l 編集
Re: 修行の域を超える実態
本当にそう思いますね。。。

学校に、社会に、末法、いえ、滅法だと感じました。
台風や噴火や疫病も土砂崩れも、天のメッセージでしょうね。

ただ、
絶望はしてはいけない。

絶望は悪魔の武器です。

私たちには、この星を救う力があるということを信じることですね。

一人一人にかかっている。
わかる人も、あなたみたいにいるはずですから。


> ここまで、悪魔悪霊がはびこっていると、修行としてもかなり難しくなっていると思います。
> それと、政治においても政策の失態を民間弱者に背負わせ、生産性のない公的機関は安定して生活が保証される実態は、階級制度そのものです。
>
> ここまで、国家が経済や心の面で衰退すれば、修行の場は悪魔悪霊の手中に収まっているといえましょう。
> 善悪は逆転し、我欲に溺れない人を愚か者と評する。このような環境下では、余程強い心でないと目の前にぶら下った餌に食らいつくのです。
> 我欲の獲得の為には、平気で他人の人生を犠牲にできるのです。
>
> 霊的にもこのような状況になった国家がこのままの状態でいくとは思えないですね。
> やがて、反作用が起こってくると思います。
> 今やどこにいっても悪霊の宝庫です。
>
> 悟りを求める者の心を知る人は、ほとんど居ないということでしょう。
2014.11.13 Thu l confessius. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/139-fbb86698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。