上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
実家の仏壇で昔を思い出しています。

小学生にならない頃から、私はお経が好きでした(笑)

こんな子どもは珍しいので、
前世は何かお坊さんかなにかで学んできたのでしょう。

伝統仏教のお経は
意味が分からない。

新しい教えも、ですが、
読むだけでなく、
埃を被ったお経の塵を払って光を取り戻す作業が必要ですね。

経というのは
糸という意味。

すべては一つにつながっています。

法も
存在も
生命も
宇宙も。


すべての人は多かれ少なかれそうなのでしょうが、
それが真理や実相でない場合には幸せから外れるし、本能的に嫌だと思う。

私の場合、昔から、拒否反応が激しくて、
多分、「清濁併せ呑む」が出来なかったのでしょうか、
他人の毒をそのまま受け取りながら耐えていたのでしょう。


人に返すものは返して、
汚れは養分に変えて、泥の中でも美しい花を咲かせられるように精進していきたいと思います。
スポンサーサイト
2014.01.01 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/135-3327fc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。