上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
新年にあたり
心がけたいことは、
悪口、陰口、批判、批評をしない!
正論をたくさん言わない。
人のいいところを見つけて誉める!
謙虚になる
自我を出さない

ということです。


言葉で傷つけられたことって、
何年も前のものでも思い出すと息が苦しくなるほど痛いものです。
言葉を発した相手はもう何とも思っていないかもしれないけれども、刺さった方は、忘れたくても簡単には忘れられずに苦しむ。
言葉を発した方は後に苦しむのですが、私はその相手には苦しんでほしくないから許すことをしたい。

人も自分も解放するためには許すことが必要なのですが、しかし時間はかかるし抵抗もある。

だから、批判や悪口はどんなに正義感があっても慎む努力をしたい。

そして、他人に言われたキツいことは、思い出すたびに、裁くのではなく許す。


もし、批判や批評をされるようなことがあったら、過去に自分が散々してきたカルマだと思って、
仮に腹のなかが煮えくり返っていてもムッとして返さずに、「ありがたいなあ」と大らかに笑って許す修行ということで(笑)

嫌な人というのは、実は、あなたに許しや愛を学ばせるための
神様からの使いだったり、観音様の化身だそうです。
感謝しなきゃいけないんです。

誘惑に負けず、その姿勢を強く貫けば、
無敵です。

つまり、周りから敵がいなくなりみんな協力者になる。



心にとって最高に成長する稽古です!
ツイてるツイてる!


人が悪いんではなくて、
過去にみんな私がしてきたこと。
嫌と思えることは、そこに、必ず宝が隠されているチャンス!

何よりも自分自身を幸せにし、自由にすることだからね!



すぐには出来ないかもしれませんがそんな私も許しつつ、
そういうことを心がけていけたらと思います。
スポンサーサイト
2013.12.31 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/134-a1f0970f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。