上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
会についての高い評価。

それは、会が密接に私たちの現代文化と融合をはかろうとしていた点にある。

宗教というものは一般に日常とはかけ離れた「聖」なるものとして私たちの日常と距離をとっていた。

ところが、会は
最先端のCGを駆使したアニメーション映画や、音楽のライブ、いろんなイベントを開いたりと違和感がない。

最近では新しく芸能人を養成する部門も出来ているみたいである。
そういったことで、「面白い人」をたくさん生み出してどんどん会をPRしようという試みだ。

そして決して、クオリティは低くない。

宗教の中で独特の美しい芸術や文化が形成されつつあるのだ。

時代に合わせた宗教であること。
これはとても大きい。

つまり、一般に対する敷居が低いのだ。

何かのキャンペーンをする際にも決して会の名前を隠さない。
堂々としている。

カルト教団に見られるような閉鎖性も比較的少ないのではないかと思う。

それが会が大きくなった一つの要因ではなかろうか。
スポンサーサイト
2008.06.21 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/12-884a8e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。