上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先日、武術の大会がありまして、僅差で敗れました。

ビデオで、その様子を見ていたら、セコンドや師範が大声で、
「前に出ろ!前に!」「自分の攻撃で終われ!」「蹴りまで入るよ」と言ってくれたのですが、
試合の最中は一部しか聞こえていなかったようです。

それを、きっちりと実行できていれば明らかに勝利していたと思い、なかなか悔しいです。

自分を客観的に見ると、
「あ、ここをこうした方がもととよくなるな。」ということがすごく分かるのですが、
戦っている最中はいくら気をつけていても気がつかないものです。


お気づきの通り、守護霊とか指導霊というのは地上で修行する際のセコンドみたいなもので、
「ああしろ、こうしろ」とたくさんメッセージを送ってくれる存在です。

守護霊が、「自分と同じくらいの強さのセコンド」。
指導霊が、「その道のプロフェッショナルのセコンド」と見ればよいでしょうか。


間違うこともあると思うのですが、視点は明らかに地上の人間の想像もつかない広さです。

なので、人生の勝負を分けるのは、実力もですが、
優秀なセコンドをつけ、いかにそのセコンドの指示に従うかだと思うのです。


地上の人間が、我を張りすぎて、セコンドの指示を聞かなかったら、
守護霊的には怒るというよりも、哀しいので、
祈りの習慣をつけて、耳を傾けることはしたいものですね。


優秀な指導霊、守護霊をつけて力をいただくコツは、
「人の役に立ちたい」「本気で豊かになりたい」「神さまのお役に立ちたい」と思うこと。

そうすると、奇跡が次々と起こって、出会いにも恵まれるはずです。





スポンサーサイト
2013.12.04 Wed l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

インスピレーションに注意
いつも感謝しています。
これは、たいへん重要な内容だと思います。
K会信者においても、ここを履き違えて、我欲に捉われているのです。

直感はインスピレーションで、正確そのものです。
大抵の場合は、直感から始まって、その通りに従がっていくと思います。
直感(インスピレーション)通りに人が行なっていくと守護霊は喜ばれています。
そこには、間違いはないのですから。

しかし、本人の認識力が向上していくと、インスピレーションは極端に減ってきます。

先週、久々に直感が湧きましたが、その通りに素直に動くと、契約が取れました。
ブログの通り、豊かになりたい為の直感、これは、悪ではないのです。

しかし、一見奇跡に見えますが、何にも努力していない上での、例えば、K会祈願、お客様や試験等では、直感はインスピレーションではありません。
又、お客様、他人や自分にとって、良いものになっていかない直感は、逆の世界からのインスピレーションです。例えば、なんの努力もしていないのに今までの罪を消してしまうという便利で楽なK会祈願、同僚や他人をおとしいれたり、犠牲にして得ようとする為の計画や上司と特別な関係を持って、不徳に得ようとする利得などは、悪魔の指導、魔のインスピレーションです。

利害をはさむような場合は、双方良き関係や相手の人生や企業、社会の為になるような場合でなければ、インスピレーションは降りません。
K会のように、神を使った一方通行で一発で良いことを得ようとする祈願は、「我欲の祈願」です。

一般的に社会の為にと教えられますが、その「社会の為」が問題になります。

我欲に訴えるような手段によってのみ繁栄したる人や企業、宗教団体等は、やがて消えていく運命にあります。
又、その舵をとった人々の先には、恐るべき熱い逆転が待っています。

このようにインスピレーションの判断は、実際は相当難しい時があります。

我欲の判断が難しいのです。
客観視と愛の心がないと悪魔に支配されます。

そして、神のお力で成就しました、というようになるのです。
やがて、我欲故に、その者は、慢心し、他人を犠牲にしていきます。
そこまでくれば、良心の呵責が無くなってきます。

やはり、客観視と愛の目、愛の心での反省が必要になってきます。

根底に愛の心があれば、奇跡は正しく起こってきます。
2013.12.08 Sun l XYZ. URL l 編集
Re: インスピレーションに注意
こちらこそいつも感謝しています。

契約おめでとうございます!!私も嬉しく思います。

格闘家の須藤元気さんが、霊的な本を書いていらっしゃるのを見て、驚いたのですが、
そこでインスピレーションについて語っておられ、
「うまくいえないけれども、善いインスピレーションはキラキラと降りてくる。その直観に従えば間違いない」と言っていました。

心に「後ろ髪を引かれる」、「無理をした感じの」インスピレーションには、まだ「我」が残っているのでしょうね。

嬉しい感じ、楽しい感じ、ワクワクする感じの直観には、きっと光が降りてきているのでしょうね。



> いつも感謝しています。
> これは、たいへん重要な内容だと思います。
> K会信者においても、ここを履き違えて、我欲に捉われているのです。
>
> 直感はインスピレーションで、正確そのものです。
> 大抵の場合は、直感から始まって、その通りに従がっていくと思います。
> 直感(インスピレーション)通りに人が行なっていくと守護霊は喜ばれています。
> そこには、間違いはないのですから。
>
> しかし、本人の認識力が向上していくと、インスピレーションは極端に減ってきます。
>
> 先週、久々に直感が湧きましたが、その通りに素直に動くと、契約が取れました。
> ブログの通り、豊かになりたい為の直感、これは、悪ではないのです。
>
> しかし、一見奇跡に見えますが、何にも努力していない上での、例えば、K会祈願、お客様や試験等では、直感はインスピレーションではありません。
> 又、お客様、他人や自分にとって、良いものになっていかない直感は、逆の世界からのインスピレーションです。例えば、なんの努力もしていないのに今までの罪を消してしまうという便利で楽なK会祈願、同僚や他人をおとしいれたり、犠牲にして得ようとする為の計画や上司と特別な関係を持って、不徳に得ようとする利得などは、悪魔の指導、魔のインスピレーションです。
>
> 利害をはさむような場合は、双方良き関係や相手の人生や企業、社会の為になるような場合でなければ、インスピレーションは降りません。
> K会のように、神を使った一方通行で一発で良いことを得ようとする祈願は、「我欲の祈願」です。
>
> 一般的に社会の為にと教えられますが、その「社会の為」が問題になります。
>
> 我欲に訴えるような手段によってのみ繁栄したる人や企業、宗教団体等は、やがて消えていく運命にあります。
> 又、その舵をとった人々の先には、恐るべき熱い逆転が待っています。
>
> このようにインスピレーションの判断は、実際は相当難しい時があります。
>
> 我欲の判断が難しいのです。
> 客観視と愛の心がないと悪魔に支配されます。
>
> そして、神のお力で成就しました、というようになるのです。
> やがて、我欲故に、その者は、慢心し、他人を犠牲にしていきます。
> そこまでくれば、良心の呵責が無くなってきます。
>
> やはり、客観視と愛の目、愛の心での反省が必要になってきます。
>
> 根底に愛の心があれば、奇跡は正しく起こってきます。
2013.12.12 Thu l confessius. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/115-4f1ffd6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。