上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲



本でいっぱいになった部屋の整理をしました。
ORさんの本ともお別れしようと、古書店に持っていったら、「買い取りできません」と、ゴミ出しで処分することになりました。

それはそうと、使わないものを溜めこんでおくと、悪霊がやってきて人生が重くなります。
「断捨離」が流行りましたが、お掃除は最高の神事なのです。


自分は、1600冊くらい本を読んできて、それを言うと校長先生にも驚かれましたが、
「そういうのを溜めこんでいたら、いざという時に何かやくにたつだろう」と思っていましたが、
「そういう溜めこんだものこそが、いざという時に自分の身を動けなくした」というのが、正直なところです(笑)


「学問ができる人が偉い人だろう」とずっと考えてきましたが、
たしかに、学問ができる人は偉いのですが、
楽しく明るく優しく面白く生きている人の方が、きっと幸せだろうな、と(笑)



使わない知識や学問は、思い切って棄ててみる。

というのがひとつ。



もうひとつは、「何を学ぶか」です。


素人の知恵は少なめでいいので、
歴史上の偉人や、成功者の言葉に素直に耳を傾ける。


無数のブログや掲示板が存在しますが、
多くが、「コミュニケーション」にはなれど、「無駄な知識」として切り捨てなければならないものです。

現代は情報化社会ですが、
「情報をたくさん持っているものが勝ち」なのではなく、
「必要な情報だけを取捨選択して、決断し行動すること」が必要なのです。

無駄な知識は、かえって生きることの妨げになりがちです。



ただしい学びにもルールというか、王道が存在します。


学ぶなら、
大学にいって講義を受ける、
ゼミで討論する、
講演会に行く
信頼に足る本を読む。

特に、古典を読みこまなくてはならない。

など、しっかりしたところで真摯に学び続ける必要があります。



知をインプットしながら、それを正しく受け止め、自分と擦り合わせ、対話し、血肉にする作業が不可欠です。


あるいは、
成功者の本は、しっかり学んで、世間の声と外れたことがあっても、我でさえぎらず、素直に学んでいけばまず間違いはありません。

何も実行しないうちから分かった気になって「あーだ、こーだ」と能書きを垂れていては成長は望めないし、きっとそういう人生しか送ることはできないでしょう。

行っていれば、「ああ、そういうことだったのか」と分かってくる。


武道の世界でも、役に立たないように見える型や基本を何回も反復しますが、
実は、強くなるためにはあの基本がなければ何もできないし、根っこのようなものだったのだと思います。

なので、素直になろう。



「学ぶルール」「発言のルール」もそこで身につける。

良い師につくことは、知識だけでなく「姿勢」も。

学問の世界では、「素直」は実は悪徳で、「批判的」が美徳なのですが、
社会に出ると、それがくるっと転回してしまう(笑)


なので、表面的な言葉の「素直」「批判的」ではなくて、
本当の意味で「開かれた」正しい「素直」「批判的」を身につけるべき尊敬する師を見つけたら、
どこまでもその人に対しては「我」を捨て去って、素直でありたいなあと思う。




スポンサーサイト
2013.11.28 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/112-a5b6328e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。