上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
古代から悪の問題については様々な考察がなされてきていますが、哲学的な考察は別の機会に回すとして、
「悪は単に善の欠如に過ぎない」という考え方が新プラトニズムやアウグスティヌスにより言われてきており、
「そういう考えで行くと、楽になるんじゃないかな」くらいの気持ちで考えると、
一歩も二歩も先に進めるかと思います。


OR氏の「富の法」の著作を読んだら、
「嫉妬はいけない」とか「善い人は大金持ちになるべき」とか、富についての考え方が自分と同じで、そうだなと思いつつ。
ただ、最後に下心がちらほら見えるのが、サタンの隙。

内容は、成功哲学の本を数冊読んで、誰でも掴んでまとめられるエッセンスなのだが、信者の人はORオリジナルの思想と考えているのだろうか。


イエスは、「金持ちは天国に入れない」と言ったものの、「金儲けをしたものは天国に入れない」とは一言も言っていない。
「財産を貧しい人に売り払わないと天の国を引き継ぐことはできない」といったのは、
「世のため人のため、とりわけ、苦しんでいる人を助けないための金は持っていても仕方がない」ということだろうし、
自分のためだけに使うお金、自分の自尊心を満たすためだけに使うお金は、
本当は、「苦しみ」なんじゃないかなあと思います。


私は、見知らぬ人でもすぐに声をかけるタイプの人間で、
まだ就職活動期の頃、東京正心館で、ある会社の人事担当を続けているという信者さんにいつもの調子で、ニコニコと声をかけて、仕事の話に。
眼を細め、むすっとしたようなうすら笑いを浮かべながら、
「私だったらね、君採用しないわ。いじめられるタイプだろうねえ。」と。
「必要なのは、儲けさせたるという気概だよ。」
「こんなところに来て、幸福にならないやつぁいねえよ。」
と、人を見下したようなうすら笑いの顔で。


一度も笑顔のないあの人のどこをどう見たら幸福なのか理解に苦しみましたが(笑)
というか、あの厭味な顔から発される「幸福」という言葉の響きにぞっとしたりもしました。


「俺も、あんたみたいな奴がいる会社で働きたくはないっすねえ」と言い返してやろうと思いましたが、
イヤミに対して厭味に返さず、
「ありがとうございました!勉強になりました。」と頭を下げました。



今考えると、行く先々で出会う、「嫌な奴」というのは、自分自身の嫌なところの投影であって、
必ず、自分に直さなければいけない大切なことを教えてくれる、先生のような存在。
それを乗り越えることができず、文句を言っていると、必ずまた嫌な人(笑)が出てくる。

自分は、「人にされた嫌なことをしない」と決めることです。







やはり、最後に勝つのは、いい奴。
「いい奴は成功者になれない論」の本を、読みますが、私に言わせれば、あれは成功ではない。
幸せになって感謝されて、多くの人を笑顔にして、困っている人を助けて、はじめて成功なのだ。


「いい奴だったら、強くなれ。いや、強くならなきゃいけない」
というのが、私の信念。

暴力や怒りではなく、「強気」ということ。
悪に対しては一歩も引かないということ。


イエスが、「右の頬に対して左の頬も」「敵を愛せ」というのは、
いいなりになれというのではなく、
人間が悪に傾きやすい存在であることを許してはいるが、
悪そのものに対しては、一ミリたりとも許してはならないという強固な姿勢で行かないとだめだよ、
ということを伝えたかったのでしょう。


「力なき正義は無能なり」なんです。
負ければ、正論も愚痴でしかない。


善で、押し切って押し切って押し切らなきゃいけない。


いじめが教室にあったとして、「子ども同士のことだから子どもに任せよう」なんて言って何もできない先生はダメです。
「人を傷つけることはお前自身を不幸にするよ」、とバシっと言わなければならないし、
いじめられて自身を失ってる子には、「絶対自分をいじめたり責めたり悪いと思ったりするな。その代わり、人のために親切してごらん。」と言う。

いじめの解決方法はたくさんあるが、いじめが本当にダメな原因については「人権」以上の、確固たる原理がないし、人権の概念すらも軽視されがちだ。

要は、悪に対して引くな、ということ。





私は、
将来、お金儲けをして(しながら)、
教育事業と、ホームレス支援をしますが、
大原則は、
お金持ちは、貧乏人を軽蔑しない、
貧乏人は、お金持ちを僻まない、ということ。





K会を脱会してそこから何を学ぶかってすごく大切なことで、
「根っこから腐っていた」と見るか
「毒麦も混じっていた」と見るかでしょう。



自分は、K会からやられた嫌なことを絶対しない。


たとえば、
苦しんでいる信者を見下したり、笑い飛ばしたりとか、裁いたりとか、
お金の無理な負担や活動をしいたりとか、
しない。


逆に、
どうやったら、人が嫌がらないか、素敵で幸せな気持ちになれるかを、徹底的に考える。



それが出来ないK会は、もう潰れるしかない。

仮に、すべての過ちを詫びて、反省し、償いをしたら、
正しい心を持った大物アンチは、涙を流して喜び、教団の再建に関わるかもしれない。



唯物論的立場から見るK会と、
信仰の立場から見るK会では、
見方が違ってきます。

悪の組織(笑)と見るか、
足りないところがありすぎるけれど、それに気がつけていないで、どんどん自滅している、と見るか。



で、
なぜか、K会で得た「いいこと」も忘れようとしている人がいて、
「心の教え」まで否定してしまうと、かなりもったいない、
というか、成功は不可能と言ってもいいかもしれません。


神さまはいますし、自分たちの魂を助けてくれる存在もやはりいる。

真理は永遠に不滅で、問題なのは時代時代やTPOにおける説き方。





K会の嫌なことは何か痛みを覚えたところに、宝があります。
それを人にやらなければ、魂的にはそれだけで合格。


いいことを、人にしてあげれば、もっと高得点。


つまづいたところで、
転んだまま動かないか、
山を乗り越えてやるぞと思うかで、
意味のある学びの進む速さは違ってくるのかなと思います。







スポンサーサイト
2013.10.20 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://relisophia.blog43.fc2.com/tb.php/107-163f27ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。