上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ものすごいはなむけの言葉です 笑
http://matome.naver.jp/odai/2136488343963748601
「ご卒業おめでとうございます、どうせ死んでしまうのですが。みなさんはこの人生の新しい展開に、やや不安を抱きつつも、大きな希望に胸膨らませていることでしょう、どうせ死んでしまうのですが。(中略)みずからの個性を見失うことなく、困難を糧として、大きく成長する機会にしてほしいのです、どうせ死んでしまうのですが。何年かの後に、逞しく成長した皆さんの笑顔に会えれば、これほど喜ばしいことはありません。今後の健闘を切に祈ります、どうせ死んでしまうのですが。」

光と闇の融合、ポジティブとネガティブの調和がこの時代に必要とされてるということをますます思います。
中島義道さんの著作のほとんどが、人間の醜いところを徹底的に暴きだしているわけです。
こんなこと考えていたら、フツーの生活が送れなくなると思いながら、捨ててはまた買い、
隠れキリシタンみたいに次々読んでしまうわけです。
読んでて青ざめるのですが、反社会的な具合が気持ちいいというか。
なんでなんだろうということを考えました。

逆説的ですが、
「ますます信仰が増す」ということです。
親鸞の悪人正機にも似たものかもしれません。
自分が悪で偽善者で卑屈で傲慢で自己中なら、そのままでかまわない。
悪なら悪のまま救われる。


「そこまで受け止めているか」
「そこまで受容するのか」
っていうこと。

神様を信じていたり、スピリチュアルな人は、
優しく、明るく、笑顔が素敵で、人を安心させるのがうまくて…。
神様の前に謙虚で、清く正しく美しく、
「いえいえ、私なんかまだまだ」という言葉すらも、徳を放っている。
そして、人間の物差し的に神に近い。

それに対して、俗まみれ恨みまみれ煩悩まみれ、立派な人になろうと努力しても不可能、
人を裁きまくり、社会から疎外されていると思い込み、しかもそれにすら気がつかないで自分はマシだとか思って傲慢になっている人はもう恥ずかしくって、救われないような気がする。

ネガティブな部分や暗い部分を遠ざけて押さえつけて必死で見ないようにして…
なので、いざ、どうしようもないって時になると、
無理ポジにも限界が来て、ある日ポキっと折れてしまう。


特に
k教団で顕著だったのが、
悩みに対して、聞かずに「あれよめこれよめ」「それは違う」「お前の考え方は間違っている!」
みたいな対応。
これにはムッとするし、ムッとし返されるし、こっちが正しい、いやこっちが正しい、
みたいな泥沼にハマっていくわけです。

仮に、
もし、K会が、「受容」とか「受け容れる」という態度を身につけていたり、
教育制度があったとしたら、
教義が全く同じだったとしても、えらく共感を読んだんじゃないかなあと思ったりします。




不登校児を子に持つお母さまのおっしゃるには、
「正論」「立派」「聞いてくれない」
ってものすごくきついということ。

教師も大人も親も子どももとにかく、感受性を麻痺させて、正論や立派なことや、しっかり、「すべき」をシャワーのように互いに浴びせかけることが当たり前。
何か意見を言おうとするものなら、「でもね…」「そうは言うけどさぁ」で、遮られる。
監視社会になって、苦しみを言葉にすることすら許されない。

そういう社会だから、中島さんの全てぶっ壊すような言動は、共感を呼ぶのでしょうか。


キーワードは「受容」。
それも、徹底的な受容。
人は、受容されればされるほどそれだけ自由になる気がする。







スポンサーサイト
2016.10.07 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
水谷修先生のお話聞きに行ってまいりました。
当日不思議な雲が見えました。
浄土真宗の龍谷大学とカトリックの上智大学共同の主催で
様々な方面から、悲嘆の癒しについて講義が開催されていくわけです。
グリーフケアセンターの高木シスターに、控え室に呼ばれ、目の前にご本人。一言二言しか言葉は交わさなかったですしそれ以上は必要ないと思いました。ファンでも追いかけでもなくヒーローや有名人と仰ぐのではなく、同じ方向を向いていてるので。
きっと、私の最上の幸せは先生に認めてもらうことなんかよりも、
今目の前にいる人の幸せのために動き続けること。
それにしてもお歳をめされたなあ。

人はなんのために生きているか。
人を幸せにするため。
誰かを笑顔にするため。

言葉にすると簡単だけども、深い。

「暴走族やってた」「いいんだよ」
「リストカットやってた」「いいんだよ」
「引きこもってた」「いいんだよ」
「おれ、死にたい。私、死にたい。」「それだけはダメだよ。水谷と一緒に明日作っていこう」
で、三百万部売れた「夜回り先生」の本ですが、
「いいんだよ」を日本中が待ち望んでいた。
歴史上でこれを繰り返し言ってきたのは、
法然、親鸞、キリスト。

世の中全体に、家庭でも学校でも社会でもイライラが満ち溢れている。一番無力な子どもたちに様々な問題が起こる。
いじめ、非行、不登校引きこもり、リストカット。

心の病に対する4つのアプローチ。
1.運動をして身体を疲れさせる身体的アプローチ
2.薬物療法などの化学的アプローチ
3.カウンセリングなどの論理的アプローチ
4.最後に、超越論的、宗教的アプローチ

1-4を組み合わせていくことが課題であるとおっしゃっていました。
宗教施設が子どもの生きる力になるのは大きい。
何だか感じのいいと思う子は神社やお寺に家族で参拝している人が多い。
教会学校や青年会での関わりの中で考えながら自分を取り戻していった仲間をたくさん見てきたし、
遍路中も、引きこもりの青年を預かっている禅寺に泊めてもらい、いろいろと哲学の話をしました。
老齢化が進む教会で、唯一若者が爆発的に増えているところがあるが、晴佐久神父というカリスマみたいな人が、ストレートに救いを宣言している。
松下幸之助さんや、斎藤一人さんといった実業家は、ものすごく神様とか神社を大切にしている。慕ってくる若者もいて嬉しかったわけです。
さて、無教会は…?場所を提供できているだろうか?しっかり話を聞けているだろうか?内輪になっていないか。外に開かれているか。

日本全体の課題に、真摯に取り組んでいかねば。








2016.10.05 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

脱会して、三年半かな?

kさんとの取材とか、tさんとの取材とか、ネット上でのやり取りで、
脱会した時、釘を刺された。

今は、あの教団に対しては何の感情もとらわれもない。
むしろ、感謝とか祝福できるようになったあたりが、
自分の魂が自由になった証拠。

人やお金を集める手法や、研修の制度は見事だなあ、
幸福実現党だけ正論言ってるよね、
くらい思えるようになった。


当時は、誰にも分かってもらえない苦しみがあった。

それがたとえ、人を幸せにするような普遍的な真理であっても、
霊とか、魂とか、神とかいう単語だけで、
宗教的なものに対しては、腹が立って反発していた。
全てを憂鬱で冷ややかな目で見ていた。

この宇宙や人生が完全に無意味なもので、宗教なんて迷信だとも完全に言い切れないし思いたくもない。
でも、この世のあらゆる宗教は、インチキ。どんなに立派なことを言っていても不完全。
神がいたとしても、出会うことはない。

霊的な苦しみも誰にも分かってもらえなかったし、
いくら言葉を尽くしても聞いてくれる人なんていなかった。

世の中、「モノとヒトが全て」でそれ以上の次元のことなんか寸分たりとも意識しないで何とかやっていけているのである。

私の中で、たった一人っきりの霊的な探求が始まった。

確かに、神さまというのは生きている存在で、
頭ではなく、それをもっと身近に感じて親しい交わりをしたいと願っていた。

「いるかいないかわかんないけれど、儀式だけはある。」
というのが、現代の宗教。

霊的な喜びの味も分かち合える人は少ない。

今、私は、神が生きて働いている愛ということを疑いないものとして受け入れる。


だとすると、あの教団はなんだったのだろう、
エル・カンターレとはなんだったのだろう。

人工の神、
偶像。

偶像でも、奇跡は起こるし、確かに人を幸福にする。
対象よりも、真剣な願いの方にしんこうというものは重点がある。

現代社会そのものがありとあらゆる偶像に取り囲まれていて、本物がない。

この世のありとあらゆるものは偽物だと受け入れてしまうとすごく楽だ。

そして、ありとあらゆるものに神が働いていると思うと、
知恵を持って畏敬の念を示すことができる。












………………………………………………………………………………………
 著名人の“霊”とやらを勝手に呼び出したり、国政に挑んで十数億円の供託金をフイにしたりと、常識を超越した振舞いを続けてきたのが宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁である。が、そんな愉快な教祖が、去りゆく人々に口封じの誓約を強いているというのだから、ちっとも幸福でない。

 さる幸福の科学ウォッチャーが言う。

「教団ではこれまで、入会とともに退会も自由でした。信者が会員番号や氏名、辞める理由を記入して担当部署にファクスすれば受理されていた。それが今年に入って方式が変わり、地区の責任者と面談し、承諾を得ねばならなくなったのです」

 実際に、1月下旬に改訂された最新の「退会届」には、

〈退会に際しては、本書面に自書の上、所属支部の支部長との面談が必要となります〉

 とあり、続けてこんな“誓約文”が掲げられている。

〈退会後も、幸福の科学や、その信者に対し、迷惑行為や和合僧破壊行為(信者の信仰を揺さぶったり、失わせたりする行為)をすることはありません〉

 先のウォッチャーは、

「『和合僧』とは、職員や信者らを指します。教団の経典である『正心法語』の中に『和合僧破壊の罪は 阿鼻叫喚 堕地獄への道 避け難し』という一節がある。集会などで唱和され、信者の体にしみついているフレーズで、これを退会の際に読まされるのは、信者にとっては“宣誓を破れば地獄へ堕ちるぞ”と脅されているようなものです」

 というのだ。

■“呪い”の文言

 教団の信者数は、幸福実現党を立ち上げた2009年当時は約15万人。うち献金額の多い「活動信者」は3万人ほどだった。が、

「年々減少し、現在では総数約5万人。活動信者は数千人といったところ。こうした情勢に歯止めをかけるべく、今回の改悪がなされたとみられます」(同)

 加えて、ジャーナリストの藤倉善郎氏は、以下のように指摘する。

「教団は現在、複数の元信者から、現役時代のお布施の返還を求める訴訟を起こされています。ネット上で起きている批判ともども、こうした動きを今後は封じ込めたいのでしょうが、退会後の行動まで指図するような届を定めている団体など、聞いたことがありません。『恐怖の意識』を念押ししているわけで、極めて悪質。もはや“呪い”といってもよい内容です」

 幸福の科学に聞くと、

「当教団は本人の自由意思を尊重しております。今回の改訂は、本人になりすまして無断で退会届を送付してくるケースや、信者の際に知り得た個人情報の濫用・悪用等を防ぐためであり、信者の『信教の自由』と公序良俗を守ることを目的に行ったものです」(広報局)

 が、前述の「お布施返還請求訴訟」の原告代理人を務める渡辺博弁護士は、こう断じるのだ。

「どんな宗教・教義を信じるかは個人の自由です。大川隆法の教えが嘘だと悟った方が脱会を申し出て、面談でこれを認めずに信仰を強制し続けるのであれば、宗教団体としてあり得ないこと。まさしく公序良俗に反する『無効の定め』です」

 露骨な悪あがきだというのである。

「ワイド特集 ワケありの人物」より

「週刊新潮」2016年9月29日号 掲載
2016.10.01 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。